歯が痛い・歯がしみる

歯が痛い、歯がしみる方はC2以上の虫歯の状態です

虫歯は5段階(C0~C4)に分けることができます。象牙質、歯髄(歯の神経)に虫歯が達すると痛みなどを感じるようになります。

虫歯の五段階

5段階 C0 C1 C2 C3 C4
自覚症状 なし なし あり あり あり
治療の必要性
ハミガキやフッ素などで自然治癒させることが可能
要治療 要治療 要治療
根管治療
治療できない
切削の必要性 なし あり あり 歯髄(歯の神経)を取る 抜歯
麻酔 不要 不要 必要 必要 必要
歯科受診の必要性 あり あり あり あり あり

痛い、しみる等の自覚症状があるということはC2以上の状態です。また、歯医者が嫌いで痛みを我慢する方もいらっしゃいます。そのようにC2を長期間放置し、C3まで悪化させてしまうことがあります。

自覚症状があるのに放置しておくのはやめましょう

自覚症状があるということはC2以上である状態です。歯科を受診せず放置しておくとC3の状態になってしまいます。C3になると根管治療と呼ばれる治療が必要です。C3では虫歯が歯髄(歯の神経)まで達し、感染していますので歯髄(歯の神経)を取り除く処置が必要になります。

どうせ、感染した歯髄(歯の神経)を除去すれば、元の健康な状態に戻るのでは?と考える方もいらっしゃいますが、歯の神経を抜くと、その歯の寿命が大幅に短くなります。結果、歯を失うことに繋がり、入れ歯(義歯)、ブリッジ、インプラント等が必要になってきてしまいます。

Copyright(C)2014 けやき通り歯科 All Rights Reserved