予防歯科とは

「歯医者さんに行く理由=歯が痛くなってから」という方がほとんどです。予防歯科は、虫歯にならないように痛くなる前に受診する診療科目です。予防歯科では

  • 歯磨きのチェック&歯磨きの仕方指導

  • 歯のクリーニング

  • フッ素の塗布

などを行います。

近年、厚生労働省が提唱する8020運動により予防意識が高まってきております。将来、入れ歯になりたくない方や歯科治療で痛い思いをしたくない方など定期的に予防歯科を受診する方が増えています。

予防歯科の費用対効果は?

ハリウッド映画を見ていると、女優さんが「私、歯医者に行ってくるわ」なんてシーンをよく見ますが、欧米では既に予防歯科が定着しています。予防歯科の受診率と歯の残存歯数(年齢を重ねて自分の歯が何本残っているのかという数)の関連が以下の通りです。

歯を失うと、仕事や食事など生活で困ることが沢山あります。日本予防医学協会の調査によると、日本人は歯1本=35万円という認識だったそうです。数か月に1度、予防歯科を受診(費用は約3,000~5,000円)することで得られる価値は大きなものです。

定期健診とは

定期健診では、口腔内診察、レントゲン撮影、歯周病検査を行います。

  • 歯垢や歯石が付着していないか
  • 虫歯ができていないか
  • 歯周病に罹患していないか、進行していないか
  • 加齢により咬み合わせが変化していないか
  • 補綴物(クラウン、インレー、入れ歯、ブリッジ)は問題ないか
  • 口腔がんはないか

などを確認し、予防歯科のプログラムを行います。

定期健診の頻度はどのくらいか?

体全体の健康診断や人間ドックは1年に1回が目安ですが、歯科の定期健診は6か月~1年に一度が目安です。
年齢や歯科の既往歴(治療歴)によって個人差があります。

20~30代 6か月~1年
40~50代 3か月~6か月
60代以上 1か月~3か月

が目安です。1年以上歯科を受診していない方は早めに歯科を受診するようにしてください。

Copyright(C)2014 けやき通り歯科 All Rights Reserved