インプラント

インプラントとは

失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療方法です。固定性であるため入れ歯のようにガタついたりせず、まるで自分の歯のように噛めるようになります。

1、術前処置

インプラント手術を行う前に歯周病などの処置を行います

2、手術

ドリルで穴を開け、インプラントを埋め込みます

定着期間

埋め込んだインプラントが骨に定着するまで待ちます(目安2~6か月)

4、人口の歯を装着

インプラントの費用って、なぜ高いの?

インプラントは健康保険適応外治療(自由診療)です

インプラントは健康保険適応外治療(自由診療)です。健康保険が有効であれば治療費は1~3割負担ですがインプラントは10割負担となり、治療費が一般的な歯科処置より高額になります。

インプラントは医院によって価格が異なります

健康保険が適応される歯科処置は全国一律料金です。しかし、健康保険適応外治療(自由診療)は医院によって金額を定めることが可能です。つまり、インプラントは歯科医院によって価格が様々です。保険治療にように価格が一律で、また、上限があるわけではありません。

つまり、インプラントは、材料の品質を選択することができます。低品質の材料を使用し原価を抑える必要はなくなりますので、患者さんの希望に合わせて様々な価格帯の治療することが可能です。

なぜ、歯科医院によってインプラント治療費が異なるのか?

A歯科医院 B歯科医院 C歯科医院
価格 9万円 18万円 30万円
歯科医師の技術力 低い 高い 高い
審美的な仕上がり 技術力が低いと奥歯しか治療できない 技術力が高いので目立つ前歯も対応可能 技術力が高いので目立つ前歯も対応可能
難症例への対応 対応できない 対応可能 再生治療も含めてすべての患者さんに対応可能
材料 低品質 低品質 高品質
耐久性
(何年くらいもつのか)
治療期間 長い 長い 短い
当日も可能

*表は一般的な指標になります。

インプラントは再び自分の歯を取り戻すことができる費用

歯周病や虫歯が原因で自分の歯を失うと、今までは食べることができた食事ができなくなったり、失った歯に隣接する歯を後々失うリスクが高まります。一体、歯を失うということは、どのようなことを意味するのでしょうか?日本予防医学協会の調査によると、日本人は歯1本=35万円という認識だそうです。また、交通事故により歯を喪失した際の賠償額では1本=80万円という判例も出ています。インプラントは入れ歯やブリッジとは異なり、限りなく自分の歯を取り戻すことができる治療で、その価値のある治療です。

インプラント治療を選択する人は再び自分の歯を取り戻したい方です

歯を失った際、選択する治療方法は大きく分けると3つあります。

①入れ歯(義歯) ②ブリッジ ③インプラント
保険適応診療 自由診療 保険適応診療 自由診療 保険適応診療 自由診療
写真
再治療のリスク ×
リスク高い
×
リスク高い
×
リスク高い
×
リスク高い
見た目 ×
他人に気づかれない

他人に気づかれない

他人に気づかれない
噛み心地 ×
保険の入れ歯よりフィットする
食事 ×
心理的な障害 × × × ×
費用 ×

3つの方法を選択する基準について

1、再治療のリスク

将来、歯の治療で何度も歯医者に通いたくない方がインプラントを選択しています

 

入れ歯(義歯)を固定するための固定元は隣接する歯になります。長期間、入れ歯(義歯)を使用すると、隣接する歯に必要以上の負担がかかり、歯が徐々に消耗していきます。入れ歯を選択すると、隣接する歯を喪失する結果につながり、歯がどんどん抜けていくことに繋がります。

ブリッジを入れた場合、下図のように、本来であれば3本の歯で受け止めなければならない力を⒉本の歯で受け止めることになります。結果、支えている歯に負担がかかりすぎ、歯が割れたり、歯周病が進行したりします。結果、歯を失うことにつながります。そのようになった場合、より大きなブリッジを作るか、もしくは、入れ歯(義歯)を作る必要がでてきます。

入れ歯(義歯)やブリッジは隣接する歯を失い、将来、再治療が必要になるリスクが高いです。一方、インプラントは、限りなく自分の歯を取り戻すことができる治療です。将来、歯の治療で何度も歯医者に通いたくない方がインプラントを選択しています。

2、見た目

人と会話しているときに人の目を気にしたくない人がインプラントを選択しています。

入れ歯を使用している人の悩みの1つが、口を大きく開けて笑えないです。入れ歯を使用していることを隠ししておきたくても、口を大きく開けると針金や人工の歯ぐきが目立ってしまいます。また、入れ歯を使用しつづけると歯を支えている骨がなくなっていき、口元が痩せていきます。若々しい口元を保ちたいという方がインプラントを選択しています。

部分入れ歯の針金が目立つという悩み

総入れ歯で口元が痩せてシワがでる

3、食事

食事を楽しみたいという方がインプラントを選択しています。

入れ歯を使用すると固いものが噛めなくなります。また、入れ歯のプラスチックの部分は熱伝導率が悪いため、温かさを感じにくくなり、美味しさを感じにくくなります。

けやき通り歯科におけるインプラントが他の歯科医院と違う点

けやき通り歯科では、高度医療を実現する最新設備と経験豊富な専門医によるインプラント治療を行っています。

けやき通り歯科 A歯科医院 B歯科医院
設備
3D CT撮影機
*全国の歯科医院でわずか数%しかCT機を完備していません。

○ 院内完備 × ○ 院内完備
炭酸ガスレーザー
(歯肉の滅菌、止血、治癒促進)
○ 院内完備 × ×
Ndヤグレーザー
(殺菌効果、創傷治癒の早さ)
○ 院内完備 ○ 院内完備 ×
様式
サージカルガイド × ×
1回法&2回法 ○ 両方対応可能 × 1回法のみ ○ 両方対応可能
骨(造成)再生 ○ 可能 × できない ○ 可能
静脈鎮静法 ○ 完全無痛治療が可能 ×
アフターケア ○ 10年保証 なし ○ 10年保証

費用・分割支払い

1次オペ 189,000円(税別)
2次オペ 56,000円(税別)
上部構造 105,000円~(税別)
骨造成(再生) 骨造成(再生)などはお口の中の状態によります。

当院では、医療ローンやクレジットカードによる分割支払いも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。詳細のお見積もりをご希望の方は、インプラント無料説明会や無料個別相談をご利用ください。

以下のようなことでお悩みではありませんか?

  • 骨がないという理由でインプラント治療ができないと他の歯科医院にて治療を断られた
  • インプラント手術が怖い、痛みや腫れが心配で一歩踏み出せない
  • インプラントの安全性について直接に医師から話を聞きたい
  • 結婚式などの催事や海外転勤など治療期間に限りがあるために短期間で治療を完了したい
  • 重度の歯周病という理由でインプラント治療ができないと他の歯科医院にて治療を断られた
  • インプラント治療は70歳でも可能ですか?
  • 他の歯科医院で既にインプラント治療を行ったことがあるが診てくれますか?
  • 40代で入れ歯は嫌だ!何とかしてほしい。
  • 費用のことが心配。詳しい費用と分割支払いについて知りたい。

インプラント無料説明会・無料個別相談

当院では、インプラント無料説明会・無料個別相談を行っております。
ご希望の方はお電話またはメールにてお申込みください。

Copyright(C)2014 けやき通り歯科 All Rights Reserved